クッシング病という犬もかかる病気と向き合ってます^^
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院生活も一日一日過ぎていきます。

食事して検査して寝て・・・

そんな毎日の繰り返しです^^;


さて、我が宿敵の「クッシング病」とは?

聞いたこともない方がほとんどだと思うので

簡単に説明してみます。


「クッシング病」とは

副腎皮質ホルモン(コルチゾール)が過剰に分泌される
病気の総称をクッシング症候群という。

そのうち脳下垂体から副腎皮質刺激ホルモンが過剰に
分泌されるものをクッシング病という。


「症状」

腕や足が細いわりに胴が太り、丸くふくらんだ顔(満月様顔貌)
皮膚が薄くなり、青あざができやすく、傷が治りにくくなります。
糖尿病、高血圧、糖尿病、骨粗鬆症などを合併することもある。


「治療方法」

決定的な薬物療法はなく、手術で腫瘍を摘出することが多い。
手術は通常経蝶形骨洞手術(経鼻的手術)が行われます。



平成21年に「特定疾患治療研究事業対象疾患」の

「間脳下垂体機能障害」に認定されています。

いわゆる・・・難病です!
スポンサーサイト

【2012/09/20 09:13】 | クッシング病
トラックバック(1) |


りのあ
ふむふむ、ラーメン病を治すことは現代医術では困難ですからねぇ><糖尿病・高血圧・骨粗鬆症も、ラーメン病の代表的症状ですからね^^;

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ふむふむ、ラーメン病を治すことは現代医術では困難ですからねぇ><糖尿病・高血圧・骨粗鬆症も、ラーメン病の代表的症状ですからね^^;
2012/09/20(Thu) 18:43 | URL  | りのあ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
入院生活も一日一日過ぎていきます。食事して検査して寝て・・・そんな毎日の繰り返しです^^;さて、我
2012/10/25(Thu) 20:57:27 |  まっとめBLOG速報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。