クッシング病という犬もかかる病気と向き合ってます^^
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私がこの「クッシング症候群」という病名に
たどり着くまでの軌跡です


①7月中旬「無呼吸症候群」の診断の為、街の内科医に相談
 そこで診察、血液検査を受ける
 ↓
 検査結果でホルモン「ACTH」が異常分泌と診断
 ↓
 市立病院の内科の紹介される


②8月上旬、2日間「ACTH」及び「コルチゾール」負荷試験を受ける
 ↓
 検査結果は「ACTH」「コルチゾール」共に過剰分泌
 「クッシング症候群」の疑い
 大学病院の内科の紹介される


③9月上旬、大学病院の内科を受診
 診断の結果・・・
「クッシング症候群」の可能性大!
 即入院、診察、治療、手術を勧められる
 ↓
 会社、家族と相談の結果、一週間後に入院手続き


④現在、採血・採尿・検便他いろいろな検査


上記のように「クッシング症候群」にたどり着いたのは
かなり幸運だったと考えています



会社の人から「無呼吸症候群」の診察を勧められた

街の内科医さんからホルモン異常を指摘された

この方々には感謝の言葉もありません。


知り合いからは

「肥満(デブ)は全部この病気なのか?」

「犬もなる病気なのか?」

などいろいろ言われてます(苦笑)


しかし、紛れもない病気であり

「公費対象 特定疾患」に該当するらしい
(いわゆる難病です^^;)

クッシン症候群
スポンサーサイト

【2012/09/13 11:19】 | クッシング病
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。